相続税申告書の作成と提出と税理士サポート

税務署

相続税に強い税理士に頼む!

遺産相続というのは一生のうちに1回しか行わないという人もたくさんいるので、所得税のように毎年申告を行うというわけではありません。そのため、慣れるということもありませんし、自分で覚えるというのも難しいでしょう。しかし、相続税は必ず納めなければいけませんし、税務署では何も行ってくれず、ただ税金を支払うように言ってくるだけなので、頼れるのは相続 税理士しかいないと言っても過言ではありません。相続税を納める前には、必ず申告書を作成する必要があります。

ここで注意したいのは、税理士ならだれでも相続の申告ができるか?といえばそうではありません。相続税に強い税理士というのが存在します。相続税に強い税理士とは、広大地などの土地評価を適正に行う力をもっており、特例を活用して節税の提言もしてくれるのです。

相続の経験がないと、安全な申告ということに意識がいってしまい、必要以上に相続税を払いすぎるということがあるのです。

相続税の申告書は、やはり初めて記入する人にとっては難しいので、相続税申告専門の税理士に代行してもらうのがよいでしょう。基本的には分割協議を行って、誰がどれだけの遺産を引き継ぐのかが確定してから作成するようになります。ここで重要な点があるのですが、遺産の引き継ぎが決まったら、節税対策を行わなければいけません。信頼できて遺産相続に詳しい税理士であれば、このようにすれば節税対策ができるというアドバイスもきちんと行ってくれるでしょう。

相続税は10か月以内に申告!

それから相続税申告書の作成を行い、税務署に提出するようになるのです。税理士に教えてもらいながら自分で作成し、自分で税務署まで提出することもできるのですが、大半の人は作成から提出まで税理士に任せてしまうことが多いでしょう。相続税申告書の提出というのは、被相続人が亡くなって遺産相続が発生してから10ヵ月以内と定められているので、それまでに作成する必要があります。よってできる限り早く税理士に依頼するのがよいでしょう。

もし期限内に遺産分割ができていなくても、相続税の請求が行われるので、このような場合の対策も税理士であれば可能です。相続税申告書を提出した段階で、やっと遺産相続が終わったと言えるのですが、重要なのは相続税の支払いでしょう。通常は財産の調査や評価が終わった段階で、相続税の支払い額が決まることになるので、どれだけ支払わなければいけないのかはわかっているため、きちんと用意しておく必要があります。