相続税申告書の作成と提出には税理士サポートが重要!

税務署

相続税申告は相続税に強い税理士に頼む!

遺産相続というのは一生のうちに1回しか行わないという人もたくさんいるので、所得税のように毎年申告を行うというわけではありません。そのため、慣れるということもありませんし、自分で覚えるというのも難しいでしょう。

しかし、相続税は必ず納めなければいけませんし、税務署では何も行ってくれず、ただ税金を支払うように言ってくるだけなので、頼れるのは相続 税理士しかいないと言っても過言ではありません。相続税を納める前には、必ず申告書を作成する必要があります。

ここで注意したいのは、税理士ならだれでも相続の申告ができるか?といえばそうではありません。相続税に強い税理士というのが存在します。相続税に強い税理士とは、広大地などの土地評価を適正に行う力をもっており、特例を活用して節税の提言もしてくれるのです

CAD図面を引きながら、節税をしてくれる税理士もいるくらい、勉強熱心なのが税理士です。普段あまりなれていない税理士に頼むと次のようなデメリットがあります。

つまり、相続の経験がないと、安全な申告ということに意識がいってしまい、必要以上に相続税を払いすぎるということがあるのです。

正しく土地評価ができないと、相続税の額が上がってしまい、過剰申告になります。土地には、特例があるので、正確な知識がないと適切な特例を用いた適正な申告ができません。
よって、重要なことは、相続税の申告に慣れた税理士に依頼することです。

相続税の申告書は、やはり初めて記入する人にとっては難しいので、相続税申告専門の税理士に代行してもらうのがよいでしょう。

基本的には分割協議を行って、誰がどれだけの遺産を引き継ぐのかが確定してから作成するようになります。ここで重要な点があるのですが、遺産の引き継ぎが決まったら、節税対策を行わなければいけません。信頼できて遺産相続に詳しい税理士であれば、このようにすれば節税対策ができるというアドバイスもきちんと行ってくれるでしょう。相続になれていないと、過剰申告になるリスクがあることを覚えておきましょう。

相続税は10か月以内に申告!

それから相続税申告書の作成を行い、税務署に提出するようになるのです。税理士に教えてもらいながら自分で作成し、自分で税務署まで提出することもできるのですが、大半の人は作成から提出まで税理士に任せてしまうことが多いでしょう。

相続税申告書の提出というのは、被相続人が亡くなって遺産相続が発生してから10ヵ月以内と定められているので、それまでに作成する必要があります。よってできる限り早く税理士に依頼するのがよいでしょう。

もし期限内に遺産分割ができていなくても、相続税の請求が行われるので、このような場合の対策も税理士であれば可能です。相続税申告書を提出した段階で、やっと遺産相続が終わったと言えるのですが、重要なのは相続税の支払いでしょう。通常は財産の調査や評価が終わった段階で、相続税の支払い額が決まることになるので、どれだけ支払わなければいけないのかはわかっているため、きちんと用意しておく必要があります。

税金以外の対応もしてくれる税理士を選ぶ

税理士というのは基本的に税金に関する業務を専門に行っているのですが、税理士の多くは税金に関することであれば、申告書の作成や提出、アドバイス以外のことも行ってくれることが多いでしょう。例えば遺産相続を行う場合、税理士の業務というのは相続税の支払いと申告書の作成、節税対策などが主な業務となります。しかし、遺産相続の場合には、遺産の調査や評価、名義変更や解約手続きなども必要になることが多いのですが、このような作業も行ってくれるのが一般的です。

もちろん全ての税理士がこのような業務を行ってくれるとは限りませんので、遺産相続を行うときには、税理士に依頼するだけで完結できるようにすることが望ましいでしょう。そうしないといろいろな専門家に依頼しなければいけなくなるので、かなりの手間暇がかかってしまう上に、報酬も高くなってしまうため、できる限りたくさんの専門家に依頼したくないという人が多くなっています。ただし、遺産相続の際に家族同士でもめてしまい、裁判になったときには話は別です。

もし家族同士で争いを起こし、裁判にまで発展してしまった場合には、弁護士に依頼するようになるのですが、税理士の中には弁護士とも連携していることがあります。遺産相続でこのようなトラブルが発生したという場合には、現在依頼している税理士によい弁護士を紹介してもらえる可能性もあります。このようにできる限りいろいろな専門家と連携している税理士が望ましい理由がいくつか存在しているのです。

もしいい加減な税理士であった場合には、他の専門家があまり連携しようとは思いません。なぜならいい加減な税理士と連携していることで、自分達の評判も悪くなってしまうことがあるからです。特に日本人の場合には体面を気にする人が多いので、あまりいい加減な人とは連携したくないと思うのが当然でしょう。逆にきちんとしていて評判のよい税理士であれば、この税理士と連携することで、自分のところにも仕事が回ってくると考えるため、連携したいという人が多いのです。

最近の相続に強い税理士は、他の士業(弁護士、司法書士、行政書士)と連携しているワンストップサービスが増えているのが特徴なのです。