土地評価の重要性

土地評価

相続税は税理士で変わる

遺産相続を行うと、一定以上の財産がある場合には、相続税の支払い義務が発生するのが一般的です。この相続税というのは、どの税理士に依頼するのかによって、支払金額がかなり変わってしまうことがあります。主な遺産と言えば、現金や骨とう品、会社や不動産などが一般的ですが、不動産を所持している場合には、かなり高い確率で相続税の支払い義務が発生すると言っても過言ではありません。なぜならそれだけ不動産というのは価値があるからです。

土地評価がポイント

そこで重要になってくるのが、いかにして不動産の土地評価を行うのかという点なのですが、通常不動産の土地評価というのは、不動産鑑定士などが行うことが多いでしょう。しかし、遺産相続を行う際には、税理士に依頼をすることで、一通り行ってくれることが多いのです。だからこそ税理士の力量がとても大切になるのですが、依頼する税理士によっては、かなり相続税の支払いを減らすことができます。なぜなら土地の評価をできる限り下げた状態での申告が可能になるからです。

不動産を売りたいと考えているときには、当然不動産の価値をどれだけ上げられるのかが重要になるのですが、相続税や贈与税を支払うときには、どれだけ不動産の価値を下げられるのかが重要になるのです。不動産を購入するときには、どれだけ高い値段で売るのかが重要になるのですが、このような土地の評価を税理士が簡単に変えられるのか疑問を持っている人もいるでしょう。しかし、不動産の価値というのは人が付けるものです。

よって鑑定する人によって、法律に触れない範囲である程度変えることも不可能ではありません。この土地はいくらと正確な価格が常に決まっているわけではなく、その日によって株や通貨のように、不動産の価値も変わってくるのです。だからこそ多少であれば不動産の価値を安く見積もり、相続税の支払いを抑えることができるのですが、自分達だけでは不可能なので、プロである税理士に任せる人が多くなっているのです。

遺産相続のときに相続税の支払いが発生する人の多くが不動産を所持している場合です。賃貸住宅に住んでいる人は、おそらく相続税の支払い義務はない場合が多いでしょう。それに対して自宅を持っている人、会社を経営している人、商売を行っている人の大半は相続税の支払い義務が発生します。

会社経営や個人で商店を持っている人の中には、職場を借りているのではなく、自分の所持している不動産物件となっている場合もあるので、このような人もやはり相続税の支払い義務が発生します。しかも不動産というのは細かい規定がかなり多くあるので、理解できない人が多くなっているのです。

だからこそ不動産物件を持っている人の多くは税理士に依頼して、相続税の支払いを行う手助けをしてもらっているのですが、税理士の力量によって相続税額が変わってしまいます。これは不動産が関係している場合がほとんどなので、できる限り不動産に関する税金に詳しい税理士に依頼するということも重要なので覚えておきましょう。